人生を変える風俗

rainbow

手コキ嬢に感謝してます

ほんの数年前のできごとですが、私は生まれてこの方二十数年間、一度も彼女というものがおらず、それどこるか女性とまともにふれあったこともない状態の人間でした。

そんな男がどうなってしまうかというと、とにかく性欲に溢れかえってしまい電車で痴漢を犯してしまいそうになるほどの危険な状態だったのです。

そんな私を正常にもどしてくれた、いや救出してくれたといってもいいのが手コキ風俗の存在だったのです。

会社帰りに上司と飲みに行った帰りに歩いていた帰り道、そこには一件の手コキ風俗店がオープン記念ということで営業していたのです。

お酒も入っていたということもあり、そして上司がおごってやるとのことだったので私はことわりきることもできずにふらふらと入ってしまったのですが、それが私の人生をかえる出来事だったのです。

さきほども書きましたが私は一度も女の子と触れ合ったこともないような童貞やろう。

そんなやつを女の子は嫌がったりしないだろうかと不安に思っていたのですが、手コキ嬢さんはとてもやさしくそして私が童貞であることを笑うこともなくとても丁寧に手コキしてくれたのです。

私はそれが自信となり、いまではセフレもつくれるほどのやりちんに変身できたのです。

あのときの手コキ嬢さんには感謝してもしきれません。

彼女とはいまでも親交がありまして、こんど渋谷風俗求人ジョブというサイトでグラビアをやるそうです。

手コキ風俗が人生を変える

手コキ風俗にいくと人生がちょっと変わると言っても過言ではなく、げんにわたしの人生は手コキ風俗に出会うことによって大きく変わったと言っても決して言い過ぎなんてことはありません。

私がはじめて手コキ風俗に出会ったのは三十をちょっとすぎたころのはなしでした。

当時のわたしは仕事におわれ疲れきった体で帰るだけという生活をおくっていたのです。

しかし、そんな生活がながつ続くわけもなく、しばらくするとちょっとうつ病気味になってきたのです。

そんなときに友人にススメられたのが五反田デリヘルで調べた手コキのデリエステだったのです。

この自分の陰鬱とした気分はきっとうまく性欲処理ができていないせいだということを友達がアドバイスしてくれたのです。

私はそんな友達のアドバイスにしたがい手コキ風俗を訪れました。

昔は風俗はよくつかっていたものでしたが、手コキ風俗というのははじめてでした。

中に入ると女の子を選んで手コキをしてもらうという実にシンプルな感じでしたが、手コキをしてもらっている最中に会話をしていたのですが、手コキ嬢も一生懸命頑張ってお金を稼いでいるんだなということに触発され、いままで陰鬱とした気分でいた自分がなさけなくなりまた一から頑張ることを決意できたのです。

手コキ風俗にいっていなかったら私は鬱の闇におちいっていたのかもと思うと手コキ嬢には感謝でいっぱいです。